先崎 彰 容。 【正論】明治の豊かな言論を取り戻せ 日本大学教授・先崎彰容(1/3ページ)

萩生田光一・文科大臣/先崎彰容・日本大学危機管理学部教授

彰 容 先崎

さらに、どちらにも与しない『無党派層』にとっては、感情的な『お決まりの意見』にしか聞こえませんから既視感しかなく、そのまま数週間もすれば、次の話題に移ってしまうのです」 安倍政権が憲政史上最長になった理由 『』『』(ともに新潮新書)などの著作で、社会批評を手掛けた先崎氏は、憲政史上最長の在任日数になった安倍政権を生み出した言論状況について、次のように分析する。

著書 [ ]• 律令の継受か、応仁の乱か、明治維新か。

「『政治の季節』はあったのか-知識人の『言葉』から考える-」 先崎彰容・日本大学教授 « ニュース « 公益財団法人 国家基本問題研究所

彰 容 先崎

地方公立大学准教授として教鞭をとった後、双極性障害にともなう重度のうつにより退職。 国民にとっては「天皇」について考える機会が訪れているといえる。

9
【内容情報】(出版社より) 知識人もメディアも、事の本質を見落としていないか。

先崎彰容 『違和感の正体』

彰 容 先崎

否応なく関係を迫られる大国アメリカ。 いわく、世界が市場取引を通じて「どこも似た感じになっていく」くらいなら、古典古代にも帝国主義時代にもあっただろう。 インターネットの「炎上」という言葉が示すように、人々が一瞬燃えあがって話題にすることで、共通の話題ができたとしても、消費されすぐにポイ捨てされてしまう。

14
そのように綺麗事の正義が社会を覆い尽くすことに、安吾は違和感を表明した。 日本人はなぜかくも余裕を失ったのか。

「『政治の季節』はあったのか-知識人の『言葉』から考える-」 先崎彰容・日本大学教授 « ニュース « 公益財団法人 国家基本問題研究所

彰 容 先崎

ベストセラー『違和感の正体』の著者で思想史研究家の先崎彰容氏が、「天皇」を読む7冊を紹介する。

15
『個人主義から〈自分らしさ〉へ 福沢諭吉・高山樗牛・の「近代」体験』(、2010年)• 『桜を見る会』の一件もその流れに乗っているのです」. 榊原論説副委員長(同下)は「どうする 日本の安全保障」と題し、厳しい東アジア情勢の中で日本がどう取り組むべきかを解説します。 つまり、「天皇」について考えることは、日本国と私たち国民のあり方を問うことなのだ。

日本のジレンマに先崎彰容さんが出るので彼のすごさを語るよ

彰 容 先崎

まさにネット社会が定着して、世の中が『好き嫌い』の感情を表出する時代になったタイミングです。 その点で左派の単純な天皇否定論とは明確に一線を画す。 東北大学大学院博士課程を修了、フランス社会科学高等研究院に留学。

8
戦後の吉本は、その「宗教的な絶対感情」の対象だった天皇(制)をいかに無力化するかを思想的課題としてきた。 こういう時こそ、「私たちはどのような人間関係をつくるべきか」、「自分は、独善に陥っているのではないか」といった問いに戻る必要があると思います。

思想史研究家・先崎彰容氏が選ぶ「天皇」を読む7冊(NEWSポストセブン)「平成」は残り1年あまりとなった。天皇の譲…|dメニューニュース(NTTドコモ)

彰 容 先崎

グローバル化とは、どう遅くみても産業資本主義が世界市場を形成した十九世紀にはすでにあった。 満洲事変の時点ですでにアウトだったのか、真珠湾攻撃の一歩手前でも戻れたのか、など。

7
好例はアメリカのトランプ政権誕生後、しばしば聞くようになった「民主主義はポピュリズムである」という言葉です。