念頭 に 置く。 「念頭に置く」の意味とは?敬語表現や類語を例文とあわせて紹介

「念頭に入れる」って言ってない? この言い方、正しいの?

に 置く 念頭

監督の言葉を 念頭に置いて、試合にのぞみ、金メダルを取ることができました。 念頭に置く必要 まず初めにご紹介する念頭に置くという言葉の使い方として「念頭に置く必要」という言葉が表現できます。 しかし、お含み下さいという言葉は知っておいてください、言葉の適切な敬語表現になるので、上の立場の人に対して用いることができるおすすめの表現だといいえます。

4
つまり、念頭に置くという言葉と条件とするという言葉は同じような意味を持っている類語の関係性にあると言えます。 なかなか直接的な会話の中で聞いたりすることは少ない言葉でもありますが、ビジネス文書などにおいては比較的多様される表現方法として知られています。

念頭に置くとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

に 置く 念頭

一見すると全く違う意味の言葉に感じるかもしれませんが、意味合いとしては知ってほしい、頭に入れてほしいという意味になります。

検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。

「念頭(ねんとう)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

に 置く 念頭

しかし、よく考えてみると意味が通じる部分があり、何卒という言葉は「お願いしている事柄をどうか」という意味が転じたものだといわれています。 そのため 「念頭に置く」は、 「いつも心の中にある」 「いつも考えている」 「心に掛けている」という意味があります。 「念頭に入れる」という表現も目にしますが、これは誤りです。

14
では、念頭に置くという言葉と念頭に入れるという言葉は何が違うのかと言うと、そもそも念頭に置くという言葉は表現自体が誤りだと言われています。

「念頭に置く」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

に 置く 念頭

念頭に置くという言葉はどちらかといえばかしこまった言語表現の一つとして知られています。

11
いつも忘れないでいる。

「念頭に置く」の意味とは?敬語表現や類語を例文とあわせて紹介

に 置く 念頭

敬語表現 ここまでは念頭に置くという言葉と同じような意味を持った類語についてご紹介してきました。 「念頭に置く」には元から「常に」「いつも」という意味があるためです。

18
このように、特定のことに注意を払ったり、常にそのことを自分の心の中にとどめることを意味しているのが念頭に置くという言葉の意味です。

「念頭に置く」とは?意味や使い方を例文を含めてご紹介

に 置く 念頭

実際に相手から念頭に置くという言葉を用いられた経験がある方はとても多いはずです。 【例文】• 事柄が「何」、をが「と」、どうかが「ぞ」になっており、それが最終的に何卒という言葉になっているということです。

「念」の意味は、注意や思いということです。

「念頭に置く」とは?意味や使い方を例文を含めてご紹介

に 置く 念頭

頭に入れる 次にご紹介する念頭に置くという言葉と同じような意味を持っている類語は「頭に入れる」という言葉が挙げられます。

6
では、ビジネスのシーンにおいて念頭に置くという言葉と同じ意味を持った言葉はどのような言葉があるのか、いくつかご紹介していきます。 【何卒の使い方は、こちらの記事もチェック!】• 「いつ災害は発生してもおかしくないということを念頭に置いて行動する。

念頭に置くとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

に 置く 念頭

しかしながら、現在ではたくさんの人が念頭に入れるという言葉と念頭に置くという言葉を同じような意味で用いています。

9
こんにちは。 念頭に置くの意味 まず初めに念頭に置くという言葉の意味からご紹介していきます。

「ご認識ください」「念頭に置いて」は失礼?

に 置く 念頭

これが頭に入れるという言葉と混同され、念頭に入れるという言葉が生み出されたといわれています。

6
ここで、先ほどご紹介した念頭に置くという言葉の意味と比較して考えてみてください。