モーニング ショー コロナ。 モーニングショー岡田晴恵は降板?消えた理由や原因は?コロナ予言の内容も

コロナ第3波なのにどうした? 岡田晴恵教授が「羽鳥モーニングショー」に出ない事情(デイリー新潮)

コロナ モーニング ショー

『モーニングショー』が圧倒的に強いのは岡田晴恵・白鴎大学教授を抱えていて、羽鳥慎一キャスターやコメンテーターの玉川徹らもそれぞれが勉強してこの分野における専門的な知見を深めていることだ。 で、この新しい新型コロナに対しての抗原キット、これが仮に計算しやすくなって1万円だとしますよね。 権威のある人の説明でも、わからないものはわからない、納得できないものは疑問を投げかける。

しかし、ほとんど出番はありません」 もっとも、TBSの「Nスタ」には出演しているし、週刊誌の対談や、テレビのバラエティには登場している。 『モーニングショー』内でも、意見が分かれ始めてきているようだ。

古市憲寿氏 新型コロナ感染状況に「モーニングショーがあおっているみたいなことには…」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

コロナ モーニング ショー

岡田:コロナやインフルエンザのようなウイルスは、温帯では乾燥低温の冬に流行しやすいんです。 「岡田教授にとって大きな変化は、7月1日付でワタナベエンターテインメント所属となったことです。 これから冬を迎えて患者さんが多くなる可能性があるので、11月から2月が要注意と思います。

10
ここで同じ所属タレントである、岡田教授を出演させ『モーニングショー』の視聴率に貢献させるわけにはいきません」 とはいえ、コロナの女王である。 私たち」 同じ研究者として、基礎となるデータが明確でないだめに検証ができないと言っている。

『Nスペ』より『モーニングショー』が信頼できる?岡田晴恵教授と玉川徹が国の専門家会議に注文した件(水島宏明)

コロナ モーニング ショー

それが4月になると、そうじゃなくて、やっぱり『PCRを増やさなきゃいけない』というふうに変わっているんですね。 ナベプロの文化人枠と言えば、林修や加藤一二三、落合陽一、春風亭一之輔などなど、多士済々で、その扱いにも慣れています。

14
そうするとクラスターが出てきたときに対処すればいいということになるわけです。 その孤発例の多さから流行の規模を推計して、それによって対策の強弱を判断していく、という戦略になります。

コロナ第3波なのにどうした? 岡田晴恵教授が「羽鳥モーニングショー」に出ない事情(デイリー新潮)

コロナ モーニング ショー

この二人の議論に視聴者からは、「餅は自分で避けることができるけど、ウイルスは違う」「餅の方が死亡率高いのは今だけの話で、今後ウイルスが変異したらどうなるか分からないのに」「事故とウイルスは全然違う」という玉川氏への賛同が集まった一方、「インフルエンザの方が死亡率高いってことには触れないで反論してる」「餅とウイルスは違うけど、死亡率で考えた時に経済回した方がいいっていうのはその通り」「事故とウイルスの比較ではなく、リスクの話では? それはやるべきであろうというふうに思います。 素晴らしいです。 彼女を見たい視聴者もいるはずだ。

4
そして、「日本はロックダウンできませんので、緊急事態宣言になるんですけど、早い方がいいと思います。 自然消滅するんだと。

モーニングショーがなければ、コロナがあったかどうかわからなかった。

コロナ モーニング ショー

そういうふうなことをお出しいただきたい」 (羽鳥キャスター) 「可能であればデータをもう少し出してもらえると、そうかだからこういうちょっと長めの期間なのかということに納得できると」 (岡田教授) 「 納得できるわけですね」 前日に行われた専門家会議は「PCR検査の体制強化」などを政府や自治体に提言している。 第3波が始まって、番組とすれば、毎日でも彼女を呼び出したいはずですよ。

1
この番組は彼女のおかげで視聴率を伸ばしたわけですからね。 テレ朝とトラブルでも抱えているのだろうか。

コロナ第3波なのにどうした? 岡田晴恵教授が「羽鳥モーニングショー」に出ない事情(デイリー新潮)

コロナ モーニング ショー

以下はそのスタジオの部分だ。 「岡田教授にとって大きな変化は、7月1日付でワタナベエンターテインメント所属となったことです。 クラスターさえ見つけられていれば、ある程度、制御ができる。

しかし、本当に降板したのかは怪しいところです。

視聴率稼ぎで「コロナ不安」と「やらせ」を垂れ流すテレビは終わりだ 最早ジャーナリズムを放棄している

コロナ モーニング ショー

(NHKの女性キャスター) 「押谷さん、高熱が出ても保健所や病院をたらい回しになってしまって PCR検査を受けられないという不安の声も多いんですが、そういう声はどのように受け止められていますか?」 (押谷教授) 「現状は、様々な理由で PCR検査を行う数が増えていかない状況です。

9
これは (専門家会議の)中で何が、どういうことがあるのか。

『モーニングショー』などでPCR拡大を訴えてきた大谷医師がネトウヨの電凸攻撃について明かす!「反日」と怒鳴り込まれたことも|LITERA/リテラ

コロナ モーニング ショー

むしろ『モーニングショー』の視聴率が、第3波到来というのに以前ほど上がっていないのは、岡田教授が出ていないからかもしれません」 先のプロデューサーが続ける。

11
(玉川徹) 「というのは専門家会議のメンバーでもある東北大学の押谷教授が厚労省のクラスター対策班のメンバーでもあるんですけれども、 3月22日の『NHKスペシャル』でこういうふうに言っている。 『おはよう日本』では、なぜか当初、大谷医師の発言が、政権に批判的な立場の人たちから賛同を集めたことが、政権擁護者たちからの批判を招いたかのような分析をし、直接的に攻撃の発端となったデマツイートに関してもさらっとしか触れていなかった。

『Nスペ』より『モーニングショー』が信頼できる?岡田晴恵教授と玉川徹が国の専門家会議に注文した件(水島宏明)

コロナ モーニング ショー

そのような地域では事態が好転していくと私は信じています」 玉川は4月11日の『NHKスペシャル』で押谷教授が「PCR検査を増やさなきゃいけない」と語ったと『モーニングショー』で発言したが、厳密に言えば少し正確ではない。 一時期、同番組に出まくっていた岡田晴恵教授もまたブッキングされるようになりました。

5
(C)まいじつ 11月12日放送の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)は、再び感染拡大している新型コロナウイルスを特集。 このデマツイートをめぐる経緯も含め、ネトウヨ・安倍応援団による大谷医師攻撃についてスクープした3月17日の記事を以下に再録するので、あらためてご一読いただきたい。