アビギャ アナンド。 インド アビギャ.アナンド予言

新型ウイルス「Covid

アナンド アビギャ

所々やはり???なところがあるのですが、どうぞお許しください。 インドと中国は、戦争にならない。

17
コロナウィルスがそれほど危険なものではないことがわかっても、それが経済の崩壊や停滞、そして全てのものが破壊され、人々の生活は破綻し、人々の生活全体が、基本的に全て問題となってしまった、これが、今年の6月30日までに起こったことでした。 また、人類は最終的にワクチンを開発するかもしれないが、今後、また別の種類のウイルスがやって来て、どんな抗生物質も効かないスーパーバグ(超多剤耐性菌)が現れるとも語っています。

コロナを予言したインドの占いで話題!春ウコンがオススメな理由・副作用はあるの?【アビギャ・アナンド】

アナンド アビギャ

2019年の8月に、11月から4月に起きることについて同じものを使って、私は実際に予言しました。 ですから、それらを見て、アイデアを得ることもできますし、あなた自身のアイデアを私たちとシェアすることもできます。 現在の世界の状況を言い現わしているように見えます 彼は今起こっているコロナ災害は五月末にはいったんは収束に向かうように見えますが、実際に収束に向かうのは7月頃であると言っているようです 「新型コロナウイルスのワクチンは見つかるかもしれませんが、今後より多くの他のウイルスがやってきますし、スーパー耐性菌もやってきます。

7
・アーユルヴェーダについて では、アーユルヴェーダについて話しましょう。

「5月29日以降、コロナ収束」新型コロナを“完全予言”した14才の占い師!「今年12月により深刻なパンデミック」

アナンド アビギャ

後で語りますが、今回のコロナウイルスの予言やこれから起こるパンデミックの予言の中でも未知とのウイルスとの対策にについて「有機野菜を食べて個々の免疫力を上げましょう」と伝えています。 これから20年、世界の富を握る企業は、より厳しい強欲的かつ暴力本質な支配を行う。

1
これほど清楚な予言を世界中で、できる予言家はいないんだろうと思われ、将来は分かりませんが、時間がすべてを証明するはず。

「5月29日以降、コロナ収束」新型コロナを“完全予言”した14才の占い師!「今年12月により深刻なパンデミック」

アナンド アビギャ

原田氏は以前にも紹介したような・・。 そんなにたくさんのロックダウンを用いて、どうして、ワクチンはそんなにプッシュされるのでしょうか。 ですから、これをご覧のすべての皆さん、イメージしてください、もし、今日これを見た人一人一人が、未来のために何かをすれば、その結果の影響は、将来、現れてくるでしょう。

8
そして、より多くのカナダ人が債務免除プログラムに参加するにつれて、短期間の内に、 参加を拒否した人々は治安リスクと見なされ、隔離施設に移される』と言われました」 「これらの施設に入ると、2つの選択肢が与えられます。

【神童の予言】2020年12月20日から新種のウィルスが多数出現する!2020年5月末までの状況が預言内容と一致しているだけに不気味です(※心が弱い方は閲覧注意です、ショックを受けるかもです) | 地球人類の光と闇

アナンド アビギャ

アナンドくんが動画をアップロードする理由として・・• ワクチンが重要なのでしょうか、ワクチンは危険でないのでしょうか、その背後に人口をコントロールするとか、その他の計画がないのでしょうか?まず一つは、どうして、ビル・ゲイツは、2010年のテッドで、ワクチンを通しての人口削減について語ったのか、です。 ワクチンは人口削減の手段か? これについては、今、データを示したいと思います。 そして、それと一緒に、土を楽しんでください、ガーデニングを楽しんでください、そして、あなたと自然を結びつけることをしてください、少なくともしばらくの間、テクノロジーをやめてください、デジタルデトックスをしてください、テクノロジーにはまり込まなくても全てのことは可能です。

7
悪い予想は外れることを期待したいが、未来がどうなるかは誰も分からない。

「5月29日以降、コロナ収束」新型コロナを“完全予言”した14才の占い師!「今年12月により深刻なパンデミック」

アナンド アビギャ

2019年末からウイルスパンデミックが発生し、3月29日から4月2日かけて状況が悪化していき、5月29日に収束する 人々はソーシャルメディアの至る所で、そして主流メディアでさえも、新型コロナウイルスは5月29日に終わると述べた私の予言について書きましたが、新型コロナウイルスは5月29日に終わるわけではありません。

13
私は、このすべてのセクション一つ一つにおいて、前者が私たちにとってベストだと信じます。 ことの発端は、彼が2019年8月22日に投稿したYouTubeからでしたが、これをアメリカのオンライン紙「International Business Times(4月4日付)」が取り上げたことにより世界的に有名になったようです。